おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2017/06/19

パサルガダエ2 宮殿付近

アケメネス朝時代最初の宮殿とされる遺構は広大だった。3箇所を移動する道端で花を見つけては写していった。
今回も、花の名前にこだわらず、撮った花を紹介することにした。
尚、何種類の花を見たのかを確認するために番号を付けているが、複数回写した花については、初回の番号とした。

8 マンテマの類 ナデシコ科マンテマ属

17 タチアオイ アオイ科ビードロアオイ属 

18 不明 マメ科
拡大

19 ヤグルマギク キク科ヤグルマギク属 Centaurea cyanus
拡大
イシククル湖で見たは蕊も同じ青い色だったが、ここのは赤紫色

20 アザミ
茎は長く、棘が多い。
まず真ん中が色付いて
萼まで色付いてきたみたい。尤も、どこまでか萼で、どこからが花弁なのか?
中央がほころびはじめ、
全体に開いた

21 不明
星のきらめきのように、あるいはウニのように、数本の棘が放射状に開いて出ている。
拡大
見たことがありそうで、見つからなかった。

22 不明
アザミではなさそう

23 ハハコグサの類
拡大

24 不明

25 キク科

26 不明

27 不明 マメ科
拡大

28 不明 キク科
キルギス、ソンクル湖から下りの高原でを見た。

29 不明
小さなサボテンのよう
その中から花が伸びて咲く。キク科かな

30 イネ科の種の抜け殻?
輪郭だけになっていたりして面白い

この花の咲いていた遺跡についてはこちら

パサルガダエ1 タレ・タフトの丘とソロモンの牢獄付近