おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2012/01/18

1日目 ネムルート山1 山頂へ

花の名前はほとんどがわかりませんでした。

001 キク科
葉は違うがヤマハハコの類?
002 オミナエシ科
花がタカネオミナエシに似ている
003 アブラナ科
白くないが、クモマナズナの花に似ている
004 マメ科
葉の出ている所にシロツメグサのような花が咲いているのが珍しかった
005 ナデシコ科マンテマ属
スガワラビランジに似ている
006 シソ科アキギリ属サルビア・クリプタンサ
『トルコの花』でよく似た植物の写真を見つけた
016が、この花の咲き始めのものだろう
007 トウダイグサ科トウダイグサ属
同書にはトウダイグサのいろんな種類の写真があったが、どれとも違う
008 キク科ローマカミツレ属キゾメカミツレ トルコの花より
カモミールの高山種かも
009 シソ科
葉が厚く高山種
010 セリ科シラネニンジン属ヒメシラネニンジン
葉が似ている
011 マメ科
花は非常に小さいが、袋状の実をつけるので、マメ科とした
012 キク科ノコギリソウ属
葉が似ているので
012 同種
黄色い小さな花が開きだしたばかり
続きはこちら

東トルコの旅、本編はこちら

※参考文献
「トルコの花」(岡田季代子 2008年 パレード)
「山渓カラー名鑑 日本の高山植物」(1988年 山と渓谷社)