おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2012/03/15

5日目1 ホテルの裏庭の花2

区間内で見かけた花を連番にして掲載しています。
他の土地で見た花も、別の場所に咲いていれば載せています。その場合古い番号にしていので、番号が続かない場合もあります。

108 キク科ノコギリソウ属 
この辺りの草はどれも丈が高く、まっすぐに育っている
そのアップ
テンドリク峠で見た花よりも盛りを過ぎた感じ
120 不明
そのアップ
ウツボグサの花穂の長い類かとも思うが葉が違う
121 マメ科ハウチワマメ属 アオバナルーピン?
「トルコの花」では尖った葉がピンと開いている
そのアップ
122 イネ科 不明
まさかこれが小麦の野生種ではないだろう
051 ムラサキ科ウシノシタグサ属 ?
草が深いので、高く育ってはいるが、同じ種類かも
123 不明
トルコでは珍しく広い葉
シムエルホテルの向かい側でアララト山を見た時に見付けた

124 キク科キバナノアザミ属 キバナノアザミ?
隙間がないほど茎からトゲトゲの葉が出ているが、枝分かれしない
125 アブラナ科ナタネハタザオ属 コンリンジア グランディフロラ?
地を這うように育ってしまった
この区間の旅はこちら
花の前半はこちら

※参考文献
「トルコの花」(岡田季代子 2008年 パレード)