おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2012/01/26

2日目2 アタチュルク・ダムの船着き場で見た花と鳥

区間内で見かけた花を連番にして掲載しています。
他の土地で見た花も、別の場所に咲いていれば載せています。その場合古い番号にしていので、番号が続かない場合もあります。

乗船前の船着き場で

039 キク科ピクノモン属
小さなアザミの花だが、蕾や萼にまで長いトゲがある
040 アオイ科ビードロアオイ属 タチアオイの原種、シロバナ
あっけらかんと咲いている
041 セリ科オルレイヤ属 オルレイヤ グランディフロラ
042 キク科ヒゴタイ属ルリタマアザミ 蕾
昨日ユーフラテス川で写真ストップしたときに群生していた。その時は花ばかりみていたが、茎を見るとこのようにトゲだらけだった
下船後の船着き場で

エサを探すコウノトリ
043 不明
面白い実をつけていた
走り回るニワトリ
水辺に向かうアヒルの雛たち
小鳥の巣
上で向こうを眺める鳥と巣で警戒する親鳥の大きさが違うので、別の種類
044 アブラナ科アブラナ属 カラシナ
道路の中央分離帯に咲いていた、丈の低い植物
この区間の旅行記はこちら

※参考文献
「トルコの花」(岡田季代子 2008年 パレード)