おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2006/07/27

7 赤岳を登る


  • イワウメ。これも初めて見た。

  • イワヒゲも初めて見た。
  • そして見たかったチョウノスケソウ。立山に登る一の越あたりに少しあるということだったが、見ることはできなかった。『花の旅7 八ヶ岳』には、
    八ヶ岳の気候は太平洋側に属し、寡雪である。そのために消雪が早く、雪田や雪渓が残らないので、湿性の植物が少なく、チングルマやアオノツガザクラなどはない。
    とある。あちこちの山でよく見かけたチングルマの代わりにあるのが、花がよく似たチョウノスケソウということか。
  • アップも撮ったが、片方はハエがいて、片方は盛りを過ぎている。
  • そしてキレットへの分岐のすぐ上で見つけたお花畑と大きなミヤマオダマキの株。それがピンボケとは!

この区間の山歩きはこちら