おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2017/06/15

パサルガダエ1 タレ・タフトの丘とソロモンの牢獄付近


イランで驚くのは、草が疎らに生えた荒れ地でも、多種類の花が咲いていることだった。
今回は、花の名前にこだわらず、撮った花を紹介することにした。

1 不明

2 キク科
花はアザミつぽいが、葉が違う
花は咲き始めが好き

3 アザミ
日本の少し棘が出たものも痛いが、これは間違っても触りたくない。

4 アザミ
もっとこわい。キルギス、バルスコン渓谷で見たアザミに似ている。
これは花だろうか?

5 これもアザミ?

6 不明
拡大

7 マンテマ?
こんな花が咲く

8 これもマンテマ?
拡大

9 不明
綿帽子が開いていく

10 ローズマリー?
乾いたところなのに、みずみずしい葉

11 ケシ
キルギス、バルスコン渓谷で咲いていた黄色いケシ(ケシ科ツノゲシ属グラシウム・スクアミゲルム 金子氏の旅日記より)のように、種が長い。
花弁が1枚足らなかった。

12 センニンソウの類 ムクロジ目ニトラリア科ペガヌム(ラクダレン)属ハルマラ種
キルギスでの通称は「お墓の花」 

13 不明 ヒルガオのような白い花
茎に長いトゲがある。
拡大

14 不明



15 不明
まるでドライフラワー
拡大

16 不明
葉はラムズイヤーのよう
葉にも蕾にも毛が生えているので、ピントが合っているのかいないのかわからない

17 タチアオイ アオイ科ビードロアオイ属 
東トルコで見たやキルギスで見たもの
大きな花

18 不明 マメ科
葉にピントが合っている


この花を見た遺跡はこちら