おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2017/11/06

タフテ・スレイマーンで見た花


タフテ・スレイマーンは、火口湖の周りにサーサーン朝とイルハーン朝時代の遺跡があるが、その遺跡にも色んな花が咲いていた。
Google Earthより

102 不明
丈の低いヤマハハコかと思っていたが、全然違った。アブラナ科らしい。

67 不明
サナンダージのホテル裏で群生していた種と同じ

103 マメ科
花柄は長く、這うようにして先にたくさんの花をつける
一株のマメ科の花に見え隠れして、紫の花がちらほら

76 不明 ラン科?
それはこの花。サナンダージ郊外のお花畑で咲いていた立派な固体と同じ種類で、少し若い。
紫の蕾だが、咲き始めると、下を向いて白っぽくなってしまう

104 不明

105 不明 フウロソウの仲間?

106 マメ科

107 不明
どんな花が咲くのやら

108 不明

109 不明 蕾

89 不明
ゼンダーネ・スレイマーンで見たと同じ
拡大

110 マンテマの類 ナデシコ科マンテマ属
その花の終わりと実?

111 シロウマアサツキの類

ゼンダーネ・スレイマンで見た花←   →タブリーズとヘイラン・コル峠で見た花

関連項目
タフテ・スレイマーン1 サーサーン朝とイルハーン朝の遺跡