おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2017/10/04

デズフール郊外


デズフール郊外に宿泊し、翌朝散歩した時に見つけた花です。
花の名前は調べていません。

31 ヒルガオ
朝咲いていることが多いが、日本の朝顔ではなくヒルガオに似ている。
32 ヒルガオ
蔓のあるタイプ

チコリとヒルガオが混生している。チコリの花は直径2㎝ほどなので、ヒルガオも同じくらいの小さな花だった。

33 チコリ キク科 キクニガナ属  Cichorium intybus 
中央アジアでよく見かけたが、イランでも咲いている。

34 セリ科
シラネニンジンのような小さな花
セリ科には笠のような大きなものから、こんな小さな種までさまざま

22 不明
パサルガダエでも見かけたが、花は咲いていなかった。それだけ季節が進んだのかな

35 不明
これもどこかで見たことがあるような・・・キルギスとか

36 不明
マメ科の花かと思ったが、全然違っていた。

37 真っ赤なケシ
どこにピントが合っているのやら・・・

38 アカシア?
マメ科らしい実をつけている。
花というよりは種のよう


 パサルガダエ2 宮殿付近← →ブルジュルドのホテル敷地とビストゥーンに咲いていた花

関連項目
デズフールの水利施設