おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2008/08/06

1日目-6 とりあえず一ノ池を目指す

  • アオノツガザクラ(群生)
    ツツジ科ツガザクラ属青の栂桜
    開きかけの花が多い 
  • アオノツガザクラ(蕾)
    こちらはまだ蕾
  • アオノツガザクラ(アップ)
    開くと真ん丸になる
  • ツガザクラ
    ツツジ科ツガザクラ属栂桜
    これがただのツガザクラ。広い葉は別の植物、ウラシマツツジかも
  • ハクサンシャクナゲ
    ツツジ科ツツジ属白山石楠花
    キバナシャクナゲを見つけたと思ったのに
  • ミネズオウ
    ツツジ科ミネズオウ属峰蘇芳
    アオノツガザクラほど見かけない
  • イワヒゲ
    ツツジ科イワヒゲ属岩髭
    『日本の高山植物』では驚くような群生の写真がある。我々が実際に見た群生ではこれが一番大きかった
  • イワヒゲ
    たいていはこんな岩の間に少し咲いているのを見かけたらラッキーと思う
  • コマクサ
    ケシ科コマクサ属駒草
    一ノ池の斜面にもコマクサが咲いている
  • チングルマ
    バラ科チングルマ属稚児車

この区間の山歩き   

※参考文献
「日本の高山植物」(1988年 山と渓谷社)