おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2008/08/11

1日目-9 危険箇所を通過

  • アオノツガザクラ
    ツツジ科ツガザクラ属青の栂桜
    その中にコイワカガミの蕾が 
  • ハクツンシャクナゲ(蕾)
    ツツジ科ツツジ属白山石楠花
    蕾の向こうにゴミがあったとは 
  • ハクサンボウフウ
    セリ科カワラボウフウ属白山防風
    セリ科はたくさんあるのでよくわからないが、今回見かけたのはこの花1つだけ
  • オオヒョウタンボク
    スイカズラ科スイカズラ属大瓢箪木
  • ナナカマド
    バラ科ナナカマド属七竈
    ナナカマドの大きな木があった
  • オトギリソウの葉
    オトギリソウ科オトギリソウ属弟切
    多分オトギリソウだと思う
  • ハクサンイチゲ
    キンポウゲ科イチリンソウ属白山一花
    御嶽山ではハクサンイチゲはあまりないのかと思っていたら、ハイマツの下に咲いているのはハクサンイチゲばかりだった 
  • ハクサンイチゲ
  • ハクサンイチゲ
  • ハクサンイチゲ
    花弁は5枚?
  • ハクサンイチゲ
    6枚?

この区間の山歩き   

※参考文献
「日本の高山植物」(1988年 山と渓谷社)