おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2006/08/25

5 葱平へ

  • イワヒバリ
    高山で一番みかける鳥。残雪のところで餌を探しているのか、遊んでいるのか
  • ミヤマキンポウゲの群生
    黄色い花はたくさんあるが、この花の内側は非常にツヤがある。いろいろ混じって咲いていることが多いが、ここはミヤマキンポウゲだけが群落をつくっていた
  • 一面のお花畑
    上の方に雪が残っているので水の豊富な斜面であるらしく、密度の高いお花畑となっている
  • ミヤマガラシ
    足をのせて上がろうとした岩のたもとに咲いているため、人に踏まれずに済んでいる
  • ミヤマタンポポ
    細い花弁がぎっしりと並んでいる。その花弁の端はハサミで切ったような切り口だ
  • ミソガワソウ
    高度を増しても、あちこちで見かける花だった
  • ミヤマクワガタ
    おしべが花よりも出ているのが特徴のクワガタの高山種。小さな花だ。図鑑によると他の山では赤紫なのに、白馬では青っぽいのだそうだ。

この区間の山歩き