おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2007/09/08

第1日10 室堂山荘到着

  • 地味なお花畑 
    青いイワギキョウ、黄色いネバリノギラン、白いオンタデなどが咲いている
  • ヨツバシオガマ
    どこの山でもみかける花
  • イワギキョウ
    白山にはチシマギキョウがないらしい
  • ミヤマリンドウ
    イワギキョウよりもずっと小さい
  • ミヤマクロユリ
    花というより花のミイラのようだ
  • コバイケイソウ
    どの花も終わりに近い
  • ヒメクワガタ
    姫鍬形、ゴマノハグサ科クワガタソウ属。クワガタの類はおしべが長く花の外まで伸びているが、この種は短い
  • シナノオトギリ(蕾)
    咲き終わる花があれば、これから咲き出す花もある

      この区間の山歩き

※参考文献
「山渓カラー名鑑 日本の高山植物」(1988年 山と渓谷社)