おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2007/09/17

第2日5 お池巡り2


  • アオノツガザクラ
    丸い鈴のような花は下に垂れているが、種は上を向くのが面白い
  • アオノツガザクラとチングルマ
 
  • チングルマ
    チングルマ単独の群生はよく見たが、ここはいろんな植物と混じっている
  • チングルマ群生
    普通チングルマの群生は、塊のようになっている
  • チングルマ(種)
    花は可憐だが、なんと言っても種の綿毛が面白い
  • お花畑
    ほとんどがアオノツガザクラ。ピンクの小さな花はイワカガミだろうか
  • ヒメクワガタ
    ピントが合いきっていないので、ハタザオの類かとも思ったが、葉がクワガタだった
  • ハクサンボウフウ
    この細い葉はなんの葉だろう。ほかの植物もたいていこの葉が出ている
  • タカネオトギリ
    シナノオトギリよりもおしべが長いので派手な感じがする
  • イワツメクサ
    大きな株。イワツメクサはある程度まとまった株だが、こんなに大きなものは珍しい
 
  • ミヤマキンバイ
    深山金梅、バラ科キジムシロ属。キジムシロかと思ったが、茎が赤くない
 
  • ミヤマシシウド
    室堂までの登山道で見たものは丈が高かったが、ここのはだいぶ低い

      この区間の山歩き

※参考文献
「山渓カラー名鑑 日本の高山植物」(1988年 山と渓谷社)